« 2006年1月 | トップページ

哀しい事件

 幼稚園児が二人殺害されましたね・・・・
子ども達は信頼していたお母さんだったはず。
そして、そのお母さん方もお互いに見えない「信頼」の
心で預け、預かりあの日まで来たはず・・・・
なのに・・・・

背景にあるたくさんのすれ違い

グループ登園?
何のメリットがあるんだろう?
グループ登園に馴染めなかった容疑者の人・・・・
相談を受けた園側も無理やり、園の方針へ導く・・・?
園の方針を見直そうとは思わなかったのかな?
どう考えてもおかしい。
チャイルドシートの問題もある、
でもでも!それよりも
園で預かっている子ども達の安全を別の保護者にゆだねている
おかしい・・・・
親子で登園すればいいのに・・・
車を使わず、歩いたり、自転車で通ったり
幼稚園時代でしか味わえない親子の触れ合い

きっと、よそ様のお子さんを車に乗せるのは
気を使ったに違いない。
なるべく避けたい事である
それを園が強制する
幼稚園側も考えて欲しい。

そして.容疑者。
もっと広い心で周りを見ようよ
もっと心を開いて回りの人を信じてみようよ

若いお母さん方はこんな世の中で
なかなか人に心を開かない
「チョッと.怒りすぎじゃない?」
「今日はうちにおいで」
「いっしょにお茶しない?」
なんて、もっと気楽に打ち解けられるといいのに。
難しい世の中ですよね。
人間関係が希薄になってる。
心と心がつながらないから
こんな事件が起こる。後を絶たない。

子どもを犠牲にしないで!
幼稚園に携わる身としてとっても胸が痛い。
回りの幼稚園が協力して
回りのお母さん方の協力して
残された園児達を安全に、楽しく過ごせるようにして欲しい。

亡くなったお二人のご冥福をお祈りいたします。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ