トップページ | 2005年9月 »

子どもの生活年齢

先日の幼稚園教諭研修会で
「子どもの生活年齢」の話が出た。

20年前と言われたか30年前と言われたか
不確かですが・・・・
今の子ども達は昔の子ども達の
7掛けの生活年齢である
例えば・・・6歳の子は4.2歳  10歳の子は7歳
と言う事になっちゃう!!!

知識と言う点ではとても敵わないけど
やってる事は幼い。
それは中高生にも通じるような気がする。

*善悪の区別がつかない。
*自己中である
*落ち着いて判断できない


私も4人の子どもの母なので 自分の子育てを反省しなくちゃ!(゚-゚)(。_。)ウン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5歳児就学問題

「5歳時から小学校へ・・・・」
聞いたとき、「誰が考えたの?嘘でしょッ!」
耳を疑った・・・・

何でも、早期教育にするのでしょうか?
5歳児は本当に何でも吸収して
大きく成長する1年です!
でも、それって、幼児期のまとめのような物で
幼児から子どもに成長する節目なんじゃないかな?

なんでも吸収するから・・・と言って
じゃ~小学校へ・・・と言うのは違うと思う。
この時期でしか出来ない事、 この時期にやっておかないといけないことは
机に向かってのお勉強じゃないと思う。

生活経験の少ない子どもが多い中
5歳児の時期に
いっぱい遊んで、遊びの中から
たくさんのこと、
人間関係、言葉、心の揺れ、等など・・・・
を、体得してから、お勉強だよね。

違うかな?

下に書いた「山田先生」が
「5歳児が幼稚園からいなくなったら
幼稚園の集団生活はどうなるでしょう?」
と、問われた。

「そうよ!!!」
幼稚園をまとめているのは年長サン!5歳児なのよ!
自分の事をやろうと言う自立
そして、下の子ども達のことも考えられる
チョッとした手助けが出来る
達成感を味わえる
優しさ、たくましさ、
4歳の子ではまだまだ、未熟で出来ない。
4歳の子どもには負担が大きい!!

だよね・・・・幼稚園には5歳児が
3・4歳児の憧れの先輩
5歳児は幼児教育の場で
類似体験をいっぱいさせ、遊びに打ち込む時期なのよ!

「小学校の先生方が、5歳児を知るために
幼児教育を勉強してくれるのでしょうか?
そんな時間と心の余裕があるのでしょうか?」

私も、そこが疑問です。

そんなに早く、子どもを遊びから
引き離さないで!

| | コメント (2) | トラックバック (1)

山田 真理子先生

  山田真理子先生は九州大谷短期大学の教授です。
さばさばした方で とっても好感が持てました!
メディアの弊害

子どもとメディアからいろんな本も出ています。
子どもをTV漬けにしていませんか?


| | コメント (3) | トラックバック (0)

脳を鍛える

  久しぶりに研修会へ行った。
今年度は 東北大学の「川島 隆太」教授の講演でした。

脳・・・と言えば
以前は「右脳」「左脳」で分けて
いろいろな特集がありましたよね。
でも、川島教授の研究だと、脳は
4つに分けられて
「前頭葉(前頭前野)」「側頭葉」「頭頂葉」「後頭葉」で、中でも
「前頭前野」が大切だそうです。
「前頭前野」の働きは
行動・情動の制御、コミュニケ-ション、やる気と集中力、
自発性、記憶、学習  

脳を鍛えるには
①バランスの良い食事
  欠食は脳が働かない、育たない。
  料理を作る事も脳を育てる。
  毎日30品目食べる。
②睡眠
  朝が一番、脳が働く
  幼児期は8~10時間確保しよう!
③FAD・前頭前野の昨日検査
  ニンテンドーのHP参照。

とっても楽しく、為になる講演会でした。
川島 隆太先生の本もいっぱい出てるので
本屋さんで探してね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

幼稚園教諭

短大を卒業して
幼稚園の先生になったのは
もう・・・・〇〇年前(*σ。σ)

6年間勤めて
その間に結婚し、長女を妊娠して
退職しました。

そして・・・・
昨年4月
「子育てサポーター」として
11月まで幼稚園協会の派遣社員として勤務、
12月からは、そのまま今度は幼稚園のパートとして
幼稚園教諭をしています。

幼稚園の仕事が大好きです!
子ども達といる事が大好きです!
今、幼稚園教諭を目指している皆さん!
これからの未来をになう、可愛い子ども達を
幸せな環境のもとで
一緒に 育てて行きましょう!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

トップページ | 2005年9月 »